腎臓病を患う方にお勧め

腎臓病を患う方にお勧め

腎臓病を患う方にお勧めしたい、たんぱく質の少な目な特殊食品が売られています。こう言った食品を適切に摂り入れる事で、そのままでは難しい食事制限が行いやすくなります。腎臓機能が悪化すれば、より厳正に食事を調整する必要が出てきます。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー制限も追加されるのです。独断で食事プランを立てずに、医師や栄養士の指導を受けて決めるようにしましょう。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品自体が持つ全ての水分と考えます。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合塩分の制限のみ行う事となります。制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水になるとかえって腎臓の機能低下に繋がるのできちんと医師の診察の元制限を施すようにしましょう。日々の食事で得たたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、老廃物は尿として排泄されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓にもたらす負担が増加します。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、不足しないように補給する必要があります。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘い味付けの食べ物には思ったより沢山のたんぱく質が含まれているのです。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例えば、ショートケーキひとつには卵1個程のたんぱく質が内包されています。腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病の悪化を食い止める事と、健康状態の維持になります。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法を元に腎不全が進行しないようにできますし、透析導入を遅らせることができます。更に言えば、透析開始後も、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は非常に重要な治療法です。腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、腎臓病の悪化のペースを遅くできます。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせる事が可能なのです。食事療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法と言うのは、患者が自主的に手掛けられる最善の治療方法です。クレアチニンについては筋肉中にある物質を介して生じる老廃物であって、腎臓でろ過されたあと尿と一緒に体外へ出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉の量が低下すれば、クレアチニンの量も減少します。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニン量が飛躍するので、本来の値よりクレアチニン量が低下します。腎臓病では 糸球体がおかされるために正常な血流が行われず、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。重ねて尿と一緒に除外されるような老廃物まで、体内に居座りつづけるようになります。こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症の元凶となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。ですから適正な食事療法を行い、水分・塩分・蛋白質・エネルギーについて一定値常にキープする事が入り用なのです。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負荷が及びます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、その種類や調理するときの処理時間や形状・水量により違いが出ます。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。

このページの先頭へ