低たんぱく質で済む特定食品

低たんぱく質で済む特定食品

腎臓病の人のために低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。腎臓の機能が低下するにつれ、現状以上に細かに食事を管理しないとならない状況に陥ります。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー制限も伴います。独断で食事プランを立てずに、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分に加えて水分の調整も必要になります。この場合 飲み水だけではなく、食品中における全水分が相当します。浮腫がなかったり軽い場合は塩分の制限のみで済みます。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量を元に医師が決定します。脱水になるとかえって腎臓の機能低下に繋がるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。腎臓病を発症した方の行う食事療法の趣意は、腎臓病を極力進行させない事と、現在の健康状態のキープです。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法を試みる事で腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析を始める時期を遅くしていけます。実際に透析が必要となってからも、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は重要視されます。腎臓病でも食事療法が適切であれば、からだの中に老廃物(毒素)がたまりません。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。そうとう上手くいった場合、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせる事が可能なのです。食事療法は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法は、患者自身が自ら積極的に取り組める最善の手法になります。クレアチニンは筋肉中に存在している物質から作り出される老廃物で、腎臓内で分解された末尿と一緒に体外へ出されます。クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。筋肉が衰えてくると、クレアチニン量もその分落ちていきます。その他で言うと、妊娠時には、尿と一緒に出されるクレアチニンの量が高まるため、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘い味付けの食べ物には思ったよりたんぱく質が多く入っているのです。お菓子は製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個程のたんぱく質が含まれます。食事をして摂り入れたたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓に流れて分離された末、無駄な老廃物は尿を出す際に一緒に排出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、全く摂らない訳にはいけません。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に少なからず腎臓に負担が出ます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で現すと30~40g程になります。腎臓病では 糸球体がおかされるために本来通り血流が成されずに、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内に加算されていきます。こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症の元凶となったり、ナトリウムの増加で高血圧を併発する可能性が上がります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法の元一定量を摂り続ける必要があります。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、食材の品目や調理時の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。

このページの先頭へ