腎臓病の人のために

腎臓病の人のために

腎臓病の人のためにたんぱく質の控えめな調整食が存在します。こうした製品を上手く活用する事で徹底した食事管理を行えます。腎臓機能が落ち込む程に、今よりも力を入れて食事を調整する必要が出てきます。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー制限も伴います。食事内容は自己流で判断せずに、医師や栄養士の指導を受けて決めるようにしましょう。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質の場合分離されれば7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負担を与えてしまいます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で現すと30~40g程になります。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の進行を遅らせることと、健康体のキープとされます。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法次第で腎不全の進行をスローペースにし、透析導入を遅らせることができます。実際に透析が必要となってからも、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は大きな意味を持ちます。日々の食事で得たたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓でろ過され、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を正常に保つために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、一定値は摂取しないといけません。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、個々の食品や調理を行う際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘い食べ物に関しても案外たんぱく質が多く入っているのです。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個分と同程度のたんぱく質が含まれている訳です。クレアチニンについては筋肉中にある物質を介して生じる老廃物であって、腎臓に届いて分離が行われた末に尿と合わせて体外へ排出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。筋肉の量が減れば、クレアチニン量もその分落ちていきます。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニンの度量が多くなるため、本来の値よりクレアチニン量が低下します。腎臓病では 糸球体がおかされるために正常な血流が行われず、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、増加する事態になります。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症を発生させる要因となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量常にキープする事が入り用なのです。腎臓病でも食事療法が適切であれば、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の悪化のペースを遅くできます。優れた効き目が出た際には、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせることが出来る場合もあります。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。食事療法については、患者が自ら積極性を持って手掛けられる最善の治療方法です。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分に加えて水分の調整も必要になります。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品に含まれる水分量も含めます。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら制限が必要になるのは塩分のみです。この場合の水分制限は病気の状態や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水は腎臓機能を悪化させる要因になるのできちんと医師の診察の元制限を施すようにしましょう。

このページの先頭へ