最小限のたんぱく質

最小限のたんぱく質

人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に多少なりに腎臓に負荷が生じます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日換算で約30g~40gです。腎臓病でも食事療法が適切であれば、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。老廃物が排出される事で尿毒症にならず、腎臓病の悪化を極力抑える事ができるのです。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせることが出来る場合もあります。食事療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法については、患者が自ら積極性を持って手掛けられる最善の治療方法です。肉・魚・卵・豆腐に関しては中々のたんぱく質が含まれていますし、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘いものには意外に多量のたんぱく質が入っています。お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個と同量くらいのたんぱく質が内包されています。浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分のみでなく水分の調整も求められます。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら塩分の制限のみ行う事となります。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の進行を遅らせることと、健康状態の維持になります。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法を試みる事で腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析を始める時期を遅くしていけます。この他、透析を要する状況となっても、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は必須なのです。腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷を受けるので本来通り血流が成されずに、ナトリウムや水分が体外へ排出しづらくなります。加えて尿と共に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内に居座りつづけるようになります。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を体内に供給し続ける事が求められます。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類は小さめに切ってから水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、その種類や調理するときの水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、きちんと搾る事で効果は高まります。食事をして摂り入れたたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓の内部で分離され、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に与える負荷が増してしまいます。正常な腎機能であるために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、適切な量は摂取する必要があります。腎臓病に悩まされる方に向けて、たんぱく質の少な目な特殊食品が売られています。このような商品を的確に用いる事が無理のない食事管理に繋がります。腎臓機能が下がっていくに従い、今以上に考えて食事を調整する必要が出てきます。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限も追加されるのです。自己の判断で適当に献立を決めずに、医師や栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質を元に作られる老廃物であり、腎臓に届いて分離が行われた末に尿中に排出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。ですので、高めの数値が出るのは大抵男性だったりします。筋肉が衰えてくると、クレアチニン量もその分落ちていきます。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニンの度量が多くなるため、クレアチニン値が低くなります。

このページの先頭へ