人体に必要な3大栄養素

人体に必要な3大栄養素

人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質に限っては分解されても約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担を与えてしまいます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で現すと30~40g程になります。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分以外に水分の制限も付随してきます。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品中に含まれる全ての水分が該当します。浮腫がなかったり軽い場合は塩分制限だけになります。この場合の水分制限は病気の状態や尿量により医師が判断します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。腎臓病に悩まされる方に向けて、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。こうした製品を上手く活用する事で徹底した食事管理を行えます。腎臓の機能が落ちていく程、今よりも力を入れて食事を調整する必要が出てきます。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー制限が加わります。個人の見解で判断するのではなく、医師や栄養士の指導を受けて決めるようにしましょう。クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質を元に作られる老廃物であり、腎臓に届いて分離が行われた末に尿と合わせて体外へ除去される成分です。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。ですので、高めの数値が出るのは大抵男性だったりします。筋肉量が落ちてくると、当然クレアチニンの数値も下がります。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニン量が飛躍するので、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷を受けるので血流が悪くなり、ナトリウムや水分が体外へ排出しづらくなります。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に加算されていきます。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症の元凶となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。ですから適正な食事療法を行い、水分・塩分・蛋白質・エネルギーについて一定値体内に供給し続ける事が求められます。肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い食べ物の場合でも意外な事に多量のたんぱく質が入っています。お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個分と同程度のたんぱく質が含まれている訳です。腎臓病を発症した方の行う食事療法の趣意は、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、体調を良好に保つことにあります。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法次第で腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析を要する時期を極力遅くできます。加えて、透析を始めても、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は必要不可欠です。腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、からだの中に老廃物(毒素)がたまりません。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。非常にうまくいくと、腎臓病の進行が止まったと言っていい程遅らせられるようになります。食事療法の難しさはけっして制限の内容ではありません。食事療法と言うのは、患者が自主的に実行できる一番の治療行為です。食事をして摂り入れたたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓に流れて分離された末、残った老廃物は尿と共に体外へ出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓にもたらす負担が増加します。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、一定値は摂取しないといけません。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、個々の食品や調理を行う際の形状・水量・所要時間により相違します。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。

このページの先頭へ